×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Masako/Eglantyne

マサコ/エグランタイン

■作出
■花色
■花型
■樹形
■タイプ
■香り
■特徴
1994年度/by David Austin
ソフトピンク
大輪ロゼット咲き/四季咲き
150×120
B(適/スタンダード・格子・フェンス・オベリスクなど)
★★★
日本では「マサコ」の名前で親しまれています。David Austinの品種の中で、最も美しい品種の一つ。完璧な容姿の淡いピンクの花です。花弁は縁が少し上に反りかえって、ほとんどお皿のような形になる。中背の理想的な樹形です。美しい葉をつける小枝の多いブッシュで、病気はほとんどなく、どのようにも使えるすぐれた園芸品種です。甘く、魅惑的で、繊細なオールドローズの香りを持ちます。第一次大戦中に「セーブ・ザ・チルドレン基金」を設立した慈悲深いシュロップシャー州の婦人、エグライタイン・ジェブ女史の名前が付けられています。