×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Pat Austin

パット・オースティン

■作出
■花色
■花型
■樹形
■タイプ
■香り
■特徴
1995年度/by David Austin
カッパー(銅色)
八重/多弁/四季咲き
130×120
中型シュラブ 小型つる
強い
デビッド・オースチン氏の妻にちなむ品種名。この品種の花色はイングリッシュ・ローズの中でまったくの新色でありました。花弁の表は素晴らしい銅色で、裏側が淡いシルバーがかった黄色です。「ロサ・フェティダ・バイカラー」に似た感じの花色です。大輪のディープ・カップ咲きなので、すべての花弁でその色の効果が楽しめ、その効果はとても美しい。成長はたくましく、「ゴールデン・セレブレーション」や、「アブラハム・ダービー」とタイプが似ている。香りは暖かいすがすがしい香りにティー香がのる。